『日本画家』として活動する比佐 水音さん

今日のHOWAVERは、

福岡・京都・東京など全国で

『日本画家』として活動する 

比佐 水音(ひさ みを)さんにお越しいただきました!

 

現在福岡に在住ながら、

ご出身の熊本や京都・東京など

全国でも個展を開かれている比佐さん。

 

インタビューでは、ご自身が描かれている『日本画』の特徴や技法などについてもわかりやすくお話いただきました!

絵具はチューブから出すのではなく、粉状や砂状顔料の絵具、「水干絵具」や、「岩絵具」を、膠(ゼラチンのようなもの)で練って水を入れ、自分で調合し初めて使えるそう。

スケッチは鉛筆で描くよりも、日本画はまず『筆』に慣れていくのが大切なんだそうですよ。

作品はなんと『1年』かけて制作するものもあるそうです!

そして比佐さんは、博多上川端の冷泉荘ビル3階にある『アトリエ穂音』も主宰されています。

こちらでは日本画の教室のほか音楽アーティストにのライブ会場としても場所を提供。

 

コロナで厳しい状況の中、アトリエの存続のため

これまでライブを行ってきたアーティストたちが制作したコンピレーションアルバム『sound on the water』についての思いも語っていただきました。

比佐さん、なかなか聞けない『日本画』についての貴重なお話をありがとうございました♪

比佐 水音さん公式サイト

☆比佐 水音さん の元気が出る 1 曲は、『sound on the water』にも収録の iima 『SOMEDAY』でした♪

 

関連記事

番組へのメッセージ、リクエストはこちらから
番組へのお便りはこちらから
CROSSFM
DJPOCKY OFFICIALCITE

外部リンク

霧島酒造株式会社

霧島ファクトリーガーデン

オンラインショップ
ページ上部へ戻る