“リヤカー屋台”で街と店と人をつなぐユニット『おむすびひばり』の
 永野裕和と薫さん

今日のHOTWAVERは、料理家と陶芸作家のユニット『おむすびひばり』の永野裕和さん・薫さん夫妻をお招きしました!

 

料理家の永野裕和さんが下積み時代に思いついた「軒先でのリヤカー屋台によるおむすび販売」の構想と

陶芸作家の薫さんとの”結婚”を気に2017年に結成した『おむすびひばり』。

翌年6月には、地下鉄の六本松駅から徒歩10分ほどの場所にあるアトリエ、

「おむすびひばり丘の上店」もオープン。

“寝かせ玄米”を使ったおむすびや陶芸作品を販売する傍ら、

福岡市のあらゆるのお店の軒先での出張販売、そして”リヤカー屋台”も営まれています。

 

今回、スタジオには”お揃い”の帽子で登場してくれた永野さん夫妻。

終始ゆるやかな雰囲気で、これまでの活動や今後予定しているソロプロジェクト、

今夢中になっていることまで1つ1つ丁寧に答えてくださいました!

▲写真撮影時には「おむすびひばりのポーズ」で決めてくださったお二人♪

ゆったりとした空気感に癒されつつ、興味深いお話もたくさんお聞きできました^ ^

ありがとうございました!

 

「おむすびひばり」のご活動についてはInstagramFacebookからチェック!

 

永野さん夫妻の元気 が出る 1 曲は、never young beachの「明るい未来」でした♪

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る