『北九州市漫画ミュージアム 館長』の田中時彦さん

今日のHOTWAVERは、北九州市漫画ミュージアムの館長を務める田中時彦(たなかときひこ)さんにお越しいただきました!

 

北九州の小倉にある「北九州市漫画ミュージアム」

漫画を「見る・読む・描く」とい3つのテーマから楽しめるスポットで、館内には約5万冊の漫画が揃っています。

リラックスしながらゆっくり漫画を読めるエリアや、『銀河鉄道999』でも知られる松本零士さんなど北九州ゆかりの漫画家の展示コーナーも。

“描く”というテーマでは、漫画スクールも開催しているそうで、まさに「マンガ好き」「アニメ好き」にはたまらない、北九州を代表するカルチャースポットです!

田中さんはこのミュージアムの館長を務め、国内外の様々な漫画イベントにも関わられており、なんとご自身も漫画家・童画家として活動されています!

昭和54年に「週刊少年マガジン増刊号」にてプロ漫画家としてデビューし、本業のかたわら「ギャグ漫画」を中心に描かれてきたそう。

トークの中ではお仕事についてや、「紙の本→デジタル化」について思うところまで、時間の許す限りお話いただきました!

 

今後の夢について伺うと、「ゆっくりのんびり絵を描きたい!」と語ってくださった田中さん。

現在はお仕事でバタバタされているそうですが、時間をさいてゆっくり描かれた田中さんの絵を、またぜひ拝見したいです!

田中館長、北九州からお越しいただきありがとうございました^ ^

 

北九州市漫画ミュージアムでは、定期的に様々なイベントが開催されています!

今後の予定もぜひチェックしてみてください。

また、田中さんはミュージアム館長としてのお仕事のかたわら、福津市の山間にある築100年の古民家で「絵本美術館」も運営されています。

詳細はこちらから。

 

田中時彦さんの元気が出る一曲は、ピアニスト古木雅士(ふるきまさし) さんの「レッドムーンリバー」 でした♪

 

関連記事

ページ上部へ戻る