福岡映画部代表の「石渡麻美」さん

今日のHOTWAVERは、福岡映画部代表の「石渡麻美」さんにお越しいただきました!

福岡市を中心に、映画文化を広げていくための取り組みを行なっている「福岡映画部」。

映画を軸にした上映 ・トーク ・ 立ち飲み ・ライブ ・講義などをこれまで開催。

代表の石渡さんは、上のような様々なコンテンツと映画を組み合わせたイベントを企画・プロデュースされています。

「映画部」を立ち上げるほど昔からの筋金入りの映画好きなのかと思いきや、以外にも映画にどっぷりハマったのは”社会人になってから”なのだそう。

気になるその映画は「桐島部活やめるってよ(2012年/吉田大八監督)」。

映画を見た後、すぐに自分の感想とは全く違う解説や批評を聞く機会があり、その人による感じ方の違いに衝撃を受けたそう。

「好きになったら一直線」だという石渡さん。そこからはもう映画の沼にどっぷり浸かり、映画文化についても学び続けているそうです。

最近では、新たに「映画と学び」「こどもと映画」をテーマにした活動にも取り組まれています。

「映画と学び」については”暮らしの大学”というイベントも今年5月に開催。

地元北九州での映画を通した密かな夢も語っていただきました^ ^

最後に、一人でも多くの人が映画を見るようになってほしい、感動しほしい!という言葉も。

石渡さんのお話を聞いていると、単純ですが今すぐ映画が見たくてたまらなくなった…!!

福岡映画部の活動については公式サイトから。

映画についてのコラムなども更新されているので、ぜひぜひのぞいて見てください👀♡

 

石渡麻美さんの元気が出る一曲は、上原ひろみの「Wake Up and Dream」でした♪

 

関連記事

ページ上部へ戻る