コンセプトは”泊まれるスナック”「 B&C Gakubuchi(ガクブチ) 」スタッフの黄瀬尚大さん

今日のHOTWAVERは博多にあるゲストハウス「 B&C Gakubuchi(ガクブチ) 」運営スタッフの 黄瀬尚大(キセ ナオヒロ)」さんをお迎えしました!

 

B&C Gakubuchi は1階スペースがカフェ&スナッ ク(バー)、2階が宿泊施設になっているゲストハウス!

カフェとスナックは宿泊しない方も利用できるそう。非日常的な空気の中で、普段交わることのない人たちが集まり新しい繋がりが生まれていくそうです。

ゲストの年齢層も学生から70代の方まで様々!定期的にイベントなどの開催されています♪

黄瀬さんはそんなB&C Gakubuchiでスタッフとして運営全般に関わられています。

スタジオにはオリジナルの”ガクブチTシャツ”を来て登場してくださいました!

 

「B&C」の意味について聞くと返ってきた答えは「 ベッド&コミュニケーション」

日常生活の中では出会うことのない人たちが Gakubuchiを訪れたことで繋がっていく🤝

黄瀬さん自身もそういった瞬間に立ち会えることを楽しまれているそうです!

そして「Gakubuchi(ガクブチ)」については

絵→お客さん、ガクブチ(フレーム)→ゲストハウスとして

訪れる人々によって様々に描かれる「絵(お客さん)」と

その場所である「ガクブチ(ゲストハウス)」という意味があるそうです。

 

宿泊業務からイベントの企画運営まで様々なお仕事をされている黄瀬さん。

幅広い年代の様々な肩書きを持つ人たちが集まるB&C Gakubuchiのような場所を今後は全国に作っていきたいそうです^ ^

「”生”の出会いの良さ」。

それを直に感じられるのが「ゲストハウス」という場所。

日常を抜け出して旅に出たくなりました〜!(笑)

宿泊せずともカフェ&スナックの利用やイベントへのも参加できるそうなので、ぜひ一度B&C Gakubuchiに足を運ばれてみてください✨

黄瀬尚大さんの元気がでる一曲はMONGOL 800の「face to face」 でした♪

関連記事

ページ上部へ戻る