鍵盤男子

今日のARTIST WAVEは、

新感覚ピアノデュオ「鍵盤男子」のピアニストの大井健さん、作曲家の中村匡宏さんをお迎えしました。

 

オペラ歌手のバックミュージシャンとしてピアノを演奏していたお二人が、

お客さまから「後ろのピアノ二人、面白いね」という声があり、

そこからピアノデュオ「鍵盤男子」としての活動が始まったとか。

 

とにかく聞いていただきたいのが高速のピアノ連弾!

「一人で弾くよりも、二人で役割分担して弾くほうが高速で弾ける」とのこと。

あまりに速く激しく弾くので、最初のうちはお互いの手がぶつかって、鍵盤が血だらけになっていたとか(笑)

活動して10年、今はお互いの呼吸がピッタリ合っています。

 

「夢だった」というメジャーデビューアルバム『The future of piano』が昨年11月29日に発売されました。

オリジナル曲やカバー曲を含めジャンルレスなピアノ音楽が詰まっています。

 

2018年の全国ツアーの福岡開催は4月15日(日)!
詳細は鍵盤男子のウェブサイト(https://www.kenbandanshi.com/)をご覧ください。

 

YOUTUBEでも、J-POPや映画音楽などを鍵盤男子がピアノカバーしている動画がアップされていますので、
そちらもチェックしてみてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る